新長田へぶらり旅。鉄人28号と三国志の世界を満喫

神戸に住むようになって15年…はじめて新長田へ行ってきました。

15年も神戸に住んでいて新長田へ行ったことがないというのもモッタイナイ感じがしたので子供たちを連れてぶらりと向かいました。

鉄人28号、三国志、そばめし、震災…新長田はすごく楽しめましたね。あといろいろと考えさせられました。

スポンサーリンク

でっかい鉄人28号は圧巻

そもそも新長田へ行くキッカケは息子が「鉄人28号のモニュメントをみたい」と言ったから。

鉄人28号とは…

  • 横山光輝氏の漫画作品のタイトル
  • 作品内に登場する架空のロボットの名称

このモニュメントを見て子供たちは「デカっ」って興奮していました。写真じゃデカさを伝えにくいですが、鉄人28号はかなりデカくて圧倒されました。

【鉄人28号モニュメントの大きさと重さ】

  • 高さ:15.3メートル
  • 重さ:50トン

どうやって立っているのか不思議な感じでしたね。

三国志の世界に浸る。中学時代の自分だったら鼻血モノ

先ほどの鉄人28号の作者である横山光輝氏は「三国志」の漫画も書いていて、僕は中学時代にこの漫画のファンでした。漫画は1巻〜60巻まであるのですが、お小遣いを使って全部集めましたね。

で、鉄人28号のモニュメントから大正筋商店街へ向かっていくと「KOBE鉄人三国志ギャラリー」というものがあって、そこは三国志の世界に浸れる場所です。

入場料金は無料で12時30分〜17時30分まで自由に入ることができました。

諸葛孔明の像があったり…

趙雲子龍の像があったり…

横山光輝氏の三国志の歴史やグッズが紹介されていたり…

もうね…中学時代の自分だったら鼻血モノだったろうなって感じでした。

写真に諸葛孔明の絵が描かれている色紙があるのですが、中学時代の僕は「同じもの」を部屋に飾っていました。今も実家にあるはず。

三国志が好きな人にはたまらない空間でしたね。

ギャラリーではソフトクリームが販売されていて飲食スペースがあったので、子供たちにアイスを食べさせている間に三国志の世界を満喫しました。

大満足でしたね。

新長田で防災の大切さを改めて感じた

KOBE鉄人三国志ギャラリーの向かい側に「阪神淡路大震災」に関して書いてあるスペースがありました。

大正筋商店街は阪神淡路大震災のときに甚大なる被害を受けた場所だったんですね。

この動画では震災で受けた被害の大きさと復興の苦悩を知ることができます。

大正筋商店街にある震災に関する記事や動画を見て「防災の大切さ」と「復興の難しさ」を感じましたね。まだ復興はまだ終わっていない…被害の大きさを忘れてはいけない…と感じました。

もっと新長田を盛り上げて行かなきゃって気持ちになりましたね。

あと家に帰ったら防災グッズを確認しようと思いました。

さいごに

鉄人28号、三国志、そばめし、震災…新長田はすごく楽しめたし、いろいろと考えさせられて本当に行って良かったと思いました。

ただ最後に一言だけ言わせてください…。

鉄人28号がある広場では「球技・スケートボード・ロラースケート」が禁止されています。

商店街は「自転車を降りて通行しましょう」と書かれています。

商店街は「終日車両通行禁止」です。

これ…全部シカトして破られていました。

数人が守っていない…とかいうレベルじゃなくて…「誰も守っていない」って感じ。

結構なスピードで自転車が通過するし…自転車どころかバイクも走っていたり…ぶっちゃげ子供を連れていてハラハラしましたね。

なかなか怖かったです(笑)

また子供を連れて新長田へ遊びに行きたいので守ってくれると嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です