太りやすい体質は言い訳?太る原因は遺伝なのか生活習慣なのか

人はなぜ太るのでしょうか?

もしも、あなたが「自分が太っているのは体質のせい」「親も太っているので自分が太っているのは遺伝のせい」だと思っているのなら、まずは認識を改める必要があるでしょう。

確かに、遺伝は肥満に影響を与えます。肥満遺伝子というものも発見されました。

しかしながら、多くの場合、太る原因は生活習慣で遺伝の影響は30%程度です。

太る原因となっている生活習慣を見つめ直さなければ、肥満を改善することなどできません。

スポンサーリンク

生活習慣をチェックし改善しよう

太る原因の7割を占める生活習慣についてです。まずは太る生活習慣をチェックしましょう。以下の項目に当てはまる人は注意が必要ですよ。

高カロリーの食事(脂っこいものが好き)

shared-img-thumb-db88_kuisugi15135631_tp_v-680x453

太っている人は高カロリーの食べ物を多く摂取している可能性が高いです。特に脂っこいものはカロリーが高いです。

唐揚げ、カツカレー、カツ丼、天ぷら、ピザなど…美味しいですよね。

脂っこい高カロリーの食事は、太る原因のひとつです。

アルコール(お酒)の過剰摂取

お酒にもカロリーがあります。

ビールは約40カロリー、ワインは約70カロリー、日本酒は約100カロリー、焼酎は約150カロリー、ウイスキーは約240カロリーです(お酒100mlあたりのカロリー)。度数が高くなるにつれてカロリーも高くなります。

そんなにカロリーは高くないように感じますが、何杯も飲んでいると、あっという間に1000カロリーを超えてしまいます。

更に、アルコールを摂取すると、肝臓で中性脂肪が合成されます。その中性脂肪は体脂肪へとなります。

中性脂肪が増えすぎると、肥満や脂肪肝、動脈硬化へとつながります。生活習慣病へとまっしぐらです。

おやつ(間食)の習慣化

食事をそんなに食べていないのに「なぜか太ってしまう」という人は、間食を摂っている可能性があります。

お菓子を食べたり、飴をなめたり、ジュースを飲んだりしていませんか?

ちょっとだけだと思っていても、これらにはカロリーがありますし、積み重なれば大きなカロリーとなります。

一度、自分がどれくらい間食していて、どれほどのカロリーを摂取しているのかを調べてみてはいかがでしょうか?

運動不足

摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ太りません。

高カロリーの食事を避けたり、アルコールの摂取量を減らしたり、間食を食べないようにするのは「摂取カロリー」をコントロールする役割があります。

逆に運動を行うことは消費カロリーをコントロールする役割があります。

通勤する際に、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使ったり、週に2回程度の筋トレを行ってみてはいかがでしょうか?

特に、筋トレを行うと基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップすることで痩せやすい身体を手にすることができるでよう。

体質改善のためにはカロリーコントロールと運動が大切

shared-img-thumb-db88_danbelman15172352_tp_v-680x453

そもそも、肥満遺伝子を持っていたとしても、過食を避け、適度な運動をしていれば太りません。摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ太りません。

生活週間が肥満へ及ぼす影響は7割を占めるので、まずは生活週間を見直すだけでダイエットの成功率が高まるでしょう。

上記で挙げた「太る生活習慣」で当てはまるものがあれば改善しましょう。

できる限り「ダイエットの成功率を高めたい」「無駄な努力を省きたい」という方は、自分の肥満遺伝子を知るために検査をしてみてはいかがでしょうか。

肥満遺伝子が肥満へ及ぼす影響は3割ですが、自分の体質を知ることで「自分に必要な栄養素」「自分にとって太りやすい食べ物は何なのか?」「自分に適した運動」「太りやすい部位」などがわかります。

これらの情報を得て生活習慣に活かせば、ダイエットの成功率は高まること間違いなしですね。

肥満遺伝子とは?

太る原因の大半は生活習慣ですが、3割は遺伝が絡んでいます。なので肥満遺伝子についても理解しましょう。

多くの日本人が持つ肥満遺伝子は大きく分けて3タイプです。

①β3アドレナリン受容体遺伝子

β3アドレナリン受容体遺伝子は基礎代謝が200kcalほど低く糖質の代謝が悪いのが特徴です。

このタイプはお腹周りが太っており、糖尿病や脂質異常症、脂肪肝に注意が必要です。

男性に多く内臓脂肪を蓄えやすいです。

糖質の代謝が悪いので、甘いものを控え有酸素運動で内臓脂肪を燃焼させる努力が必要です。

②アンカップリングプロテイン遺伝子

アンカップリングプロテイン遺伝子は基礎代謝が100kcalほど低く脂肪の代謝が悪いのが特徴です。

このタイプは下半身が太っており、がんや子宮関係の病気に注意が必要です。

脂肪の代謝が悪いので、揚げ物を控え低脂肪食を心がけると良いでしょう。また下半身の筋トレを行うと効果的です。

③β2アドレナリン受容体遺伝子

β2アドレナリン受容体遺伝子は基礎代謝が200kcalほど高いのが特徴です。

ほっそりとしていて筋肉がつきやすいですが、一度太ると痩せにくい傾向になります。

心臓病やうつ病、低血圧などに注意が必要です。

このタイプはタンパク質を吸収しにくく隠れ肥満になりやすいので、高タンパクの食事を心がけ全身の筋トレを行うと良いでしょう。

このように肥満遺伝子によって特徴が違います。

遺伝子が肥満に及ぼす影響は3割で「最も重要なのは生活習慣の改善」ですが、自分の遺伝子を知ることでダイエットを効果的に進めることが可能です。

肥満遺伝子の検査方法

肥満遺伝子はDNA SLIMへ自分の口腔粘膜や爪を送ることで知ることができます。

2〜3週間で分析レポートが届きます。

DNA SLIMなら遺伝子の分析結果や食事や運動のアドバイス、最適なダイエットプランを提示してくれます。

興味のある方は自分の遺伝子を調べ体質を知りダイエットへ活かしてみてはいかがでしょうか。



世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題のDNA SLIM。簡単遺伝子チェック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です