投資信託の積立は手数料無料のノーロードがポイント。良心ある証券会社を探せ

投資信託で投資効率を上げたければコスト削減を行わなければいけません。コストが減れば減るだけ運用成果は高まります。

そして販売手数料は投資信託のコストの1つです。

おそらく多くの人が払っているであろう販売手数料は払う必要のないコストです。

ではどうすれば払わずに済むのでしょうか?その答えばノーロードの投資信託です。

ノーロードの投資信託とは販売手数料がゼロ円の商品のことです。

ノーロードの投資信託なんて「初めて聞いた」という人は、証券会社の口車に惑わされているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

販売手数料のぶんだけ運用成果はマイナスになる

5f839ef15bc5545787a338acaee9a24e_s

販売手数料は投資成果を減少させます。

投資信託で積立投資を行う際に毎回のように手数料を取られるのであれば、その手数料の○%分は利回りが減ることになります。

毎月10000円の積立投資に対して2%の販売手数料を取られた場合、実際に投資できる金額は9800円です。

たった200円だと思われた方は要注意です。塵も積もれば山となります。

投資金が100万だと2万円、1000万円だと20万円、1億円だと200万円も手数料で取られることになり、手数料の分だけ将来のリーターンが確実に減るということです。

販売手数料が2%の商品とノーロードの商品を比較すると、購入した時点でノーロードの商品のほうが2%は確実に運用効率が良いということになります。

販売会社は販売手数料で儲ける

b7e1cfc52a6673765cd19ab919f125f8_s

販売手数料が投資家にとって如何に無駄なものかは、販売手数料で得する人と損する人を考えれば一目瞭然です。

先ほども述べたように、販売手数料は投資効果を減少させます。手数料の分は確実に損をします(最初から手数料分の負けが確定している)。

じゃあその販売手数料で得をするのは誰なのか?

得をするのは販売会社(証券会社・銀行など)です。彼らは手数料の分だけ確実に儲けることができます。

毎月10000円の積立投資に2%の販売手数料を得ることができれば200円の儲けとなります。

毎月10000円の積立投資を10000人が行えば、販売手数料だけで2000万の利益を得ることができます。

実際は毎月の積立金額も投資している人数も多いので、もっと大きな利益をあげていることでしょう。

つまり販売手数料で「得をするのは証券会社は銀行などの販売会社」であり、「損をするのは投資家」です。

あなたがノーロードの投資信託を知らなかった理由がわかりましたか?

ノーロードの投資信託を購入されると「投資家が儲かり、販売会社は損をする」ので、販売会社である銀行や証券会社が教えてくれないのです。

最初から「損をしてしまう」と分かっているものにコストをかける必要はありませんよね。

大切なことなので何回も言いますが、投資信託で積立投資を行うのであればノーロードの投資信託を選びましょう

フィデューシャリー宣言をした良心ある販売会社

余談になりますが、セゾン投信などの数社がフィデューシャリー宣言をしていますね。

フィデューシャリーとは「他人のために財産を受託しその人の受益者に関わる受託者としての善管義務を負う人」のことです。

フィデューシャリー(fiduciary)は英和辞典で調べると「信用上の」「信託の」と書いてありますね。

セゾン投信のフィデューシャリー宣言は「資産運用受託者」としての誓いみたいなものでしょうか。

平成26年に金融庁が「金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」のなかで、初めて、フィデューシャリー・デューティーという新しい概念を導入しました。

この基本方針のなかでは以下のようなことが書かれています。

家計や年金、機関投資家が運用する多額の資産が、それぞれの資金の性格や資産保有者のニーズに即して適切に運用されることが重要である。このため、商品開発、販売、運用、資産管理それぞれに携わる金融機関がその役割・責任(フィデューシャリー・デューティー)を実際に果たすことが求められる。

要は適切な運営をしろってことです。そして適切な運営とは「顧客に過度な負担を強いて」「運営者が不当な利益を得る」ことがないようにすることでしょう。

もちろん販売会社にも儲ける権利があります。なので販売手数料や信託報酬を貰うことは当たり前だけど、その設定額が合理的でなかったり、不当に高く設定されていては「適切な運営」とは言えません。

金融庁の「金融モニタリング基本方針(監督・検査基本方針)」は「顧客のニーズに応える経営をしよう」ということであり、セゾン投信などのフィデューシャリー宣言はそれに応える形で発表されたものです。

セゾン投信「フィデューシャリー宣言」の内容はコチラをご覧ください!

投資信託運用業者として「お客さまのため」にのみ資産運用業務に従事し、専ら長期投資に努めることを公約したしましたと書いてありますね。

セゾン投信のフィデューシャリー宣言は①長期資産形成②利益相反行為の回避③報酬等の合理性④尊守態勢の4項から成ります。

①長期資産形成では「長期運用を心がけますよ」ということが書かれていますが、そのなかで「販売手数料はお客様の投資効率を悪化させるとの考えから、徴収いたしません」という宣言がなされています。

本当にありがたいですし、素晴らしいことだと思います。

何度か大手証券会社の説明会に参加しましたが、当たり前のように「高い手数料」の商品を紹介してきます。同じような内容の投資信託でノーロードの商品があるにもかかわらずです。

本当にナンセンスだと憤りを覚えることが多々ありました。

販売会社の利益のために、運用者の財産がむしり取られることも多いのでしょうね。

無知が全てだと言ってしまえばそれまでですが、「一生懸命働き老後のための資金として得た退職金」や「老後のための資産形成と考えコツコツと運用している資金」を「顧客に過度な負担を強いて不当な利益を得る」販売会社の行為によって失うのは本当に残念です。

セゾン投信のようにフィデューシャリー宣言を公表し「顧客のニーズに応える経営」を目指す会社が今後も増えることを願っています。

投資を始めるならばセゾン投信のような顧客のことを考えている販売会社で運用したいですね。

セゾン投信のサイトはこちら→セゾン投信

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで世界へ分散投資

2016.09.11

※いわずもかな投資は自分の判断で行いましょう。

スポンサーリンク