柚子胡椒の発祥は大分県?柚子+胡椒ではなく柚子+唐辛子が正解

どうもmruboroです。さっそくですが「柚子胡椒」ってご存知ですよね。

ぼくは「柚子胡椒」が大好きで、鍋料理や餃子を食べるときには必ず柚子胡椒をトッピングします。

柚子胡椒と出会うまでは「餃子+からし」だったけど、今は「餃子+柚子胡椒」が鉄板ですね。

で、その柚子胡椒の雑学なんですが「発祥は大分県」らしいですよ。みなさん知っていましたか?

さらには「柚子+胡椒」ではなく「柚子+唐辛子」が正解なんだと!

スポンサーリンク

柚子胡椒の発祥は大分県

img_3243

大分駅近くにある居酒屋「五十六屋」でのひとコマ。

ぼく
柚子胡椒のトッピング最高!
大分県民の友人
柚子胡椒の発祥は大分県って知ってた?
ぼく
嘘つけ!聞いたことないぞ
大分県民の友人
嘘じゃないよ。今すぐググってみろ

 

ということで「柚子胡椒 発祥」でググってみました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-22-44-58
公式伍代長谷部より

諸説あるものの「最有力は大分県」みたいですね。大分県の日田エリア、日田エリアの中でも上津江村、中津江村、旧前津江村の農家の方々が作ったのが始まりのようですね。

いや〜勉強になりました!

柚子+胡椒ではなく柚子+唐辛子

もう一つ公式伍代長谷部のホームページを見ていて知ったのですが、「柚子+胡椒」ではなく「柚子+唐辛子」が正解みたいですね。

柚子胡椒って名前だから「柚子+胡椒」だと思っていました!

柚子胡椒は、柚子に唐辛子を練りこんだもので

  • ×柚子+コショーではありません。
  • ○正解は「柚子+唐辛子」=柚子胡椒です

「胡椒」は青唐辛子を意味する古語で九州で方言として残り、私たち本場の人間にとっては胡椒は青唐辛子。

皆さんの思っているコショウは、私たちにとっては、「洋胡椒」です。

今でこそ胡椒は私たちも洋胡椒となりましたが、生産地の中でもおばあちゃん達は青唐辛子の事を指しているかもしれません。

「洋胡椒」のコショウではなくて「唐辛子」の事を指していた事が、皆さんご存知、柚子胡椒の語源となっています。(公式伍代長谷部HPより)

いや〜勉強になりました!また一つレベルアップできた気がしますね。

青唐辛子なら緑色、赤唐辛子なら赤色に仕上がる

img_3253

柚子胡椒が大分発祥のものだとわかったので「お土産は柚子胡椒にしよう」と思い大分駅で買いました!

で、またまた疑問に思ったのが「なんで緑色と赤色の柚子胡椒があるの?」ってこと。

まぁわからないことはグーグル先生に聞くのが一番なので調べてみたらウィキペディアに書いてありました。

唐辛子は青唐辛子を用いるのが一般的であるが、赤唐辛子が用いられる場合もある。青唐辛子と青柚子なら緑色、赤唐辛子と黄柚子なら朱色の柚子胡椒に仕上がる。一般的に緑色の物は辛味が強く、赤色の物は香りが強い。

なるほどな〜って感じですね。

普段何気なく食べていた柚子胡椒でしたが、友人との会話がキッカケで柚子胡椒の新たな一面を知ることができました。

いや〜勉強になりました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です