日本人のミリオネアの人数は?仲間入りを果たすためにできること

どうも。55歳までに1億円以上の資産を築きミリオネアの仲間入りを果たしたいmaruboroです。

ちなみに「ミリオネア」とは「1 million(ミリオン) = 1,000,000(100万)” から 派生した言葉で、 資産を百万通貨単位以上所持する人(ウィキペディア)」だそうです。

1ミリオン=100万ドル…1ドル100円計算で日本円にすると1億円ですね。保有する金融資産が1億円以上ならミリオネアですね。

ではこのミリオネアは日本に何人いるのでしょうか?

そしてミリオネアになるためにはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

日本人の約60人に1人はミリオネア

787c6f8824979edee691e4a263aa6774_s

クレディ・スイスが発表した「2015年度グローバル・ウェルス・レポート」では、1億円以上の資産を保有している日本人は約212万人いるそうです。

現在(2016年9月1日時点)の日本の人口は約1億2699万なので「約60人に1人はミリオネア」ということになります。

もっと細かく言えば、日本人の20歳以上の人口数は1億496万人です。

お金を稼ぐようになるのは「成人してから」だと仮定すると「約50人に1人はミリオネア」ということになります。

こうやって考えると「意外とミリオネアって多いな」とも思うし、「現時点でミリオネアに程遠い自分が情けない」とも思いますね。

でも「自分にも実現可能かも」と勇気も湧いてきます。

2020年には日本人の約359万人がミリオネア

クレディ・スイスが発表した「2015年度グローバル・ウェルス・レポート」によると、2020年には日本人の約359万人がミリオネアに到達するようです。

少子化で日本の人口は減るのにミリオネアの人数は増えるみたいですね。

ぼくが2020年までにミリオネアへ到達するのは無理そうですが、2035年までには必ず到達したいです。

どうやったらミリオネアになれるのか

日本人のミリオネアの人数を理解し「2035年までにミリオネアになる」という目標を掲げたのは良いのですが、問題は「どうやってミリオネアになるのか」ということですね。

増やす・減らす・運用する

ミリオネアになるための基本は「収入を増やす・支出を減らす・資産を運用する」でしょう。

橘玲さんの「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ」で書かれていましたが「資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)」を愚直に実行することですね。

ぼくは「これに尽きる」と考えています。

では「収入を増やす・支出を減らす・資産を運用する」ためにはどうしたら良いのか?

その方法は「先人たち」や「本」から学び真似るのが1番ですね。

ということで続きは以下の記事を読んでくれればと思います!

投資を始める前に読んでおきたい【資産運用初心者におすすめの本11選】

2016.09.29

お金を貯める方法。不朽の名作から学ぶ貯金方法とお金の増やし方

2016.09.03

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です