スティーブ・ジョブズの名言を心で唱える。今日が人生最後の1日

人生の教訓にしている言葉はありますか?

言葉にはパワーがありますよね。人生の道しるべとなる名言と出会うと活力がみなぎってきます。

ぼくにも好きな言葉、人生の教訓にしている名言がいくつかあります。

そのなかでも毎朝起きたときに心のなかで唱えるようにしている言葉があります。

それは「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」という言葉です。

この言葉はスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの一節です。

スポンサーリンク

今日が人生最後の日だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか?

私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。
「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。
自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。
君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

ジョブズはスタンフォード大学の卒業式で3つの話をしました。1つ目は「点を繋げること」について、2つ目は「愛と喪失」について、3つ目は「」についてです。

上記の一節は3つ目の「死について」で語られた言葉です。

人生は無限ではなく限りあるものです。その限りある時間を何のために費やすのか?

様々なしがらみや他人の価値観に生きるのではなく、自分の直感に従う勇気を持ちなさいと教えられました。

本当に自分がやりたいことは何なのか今日やることは本当にやりたいことだろうか

毎朝起きたときに心のなかで唱えるだけで勇気が湧いてきます。

Stay hungry,Stay foolish

ジョブズはスピーチの最後を「Stay hungry,Stay foolish」という言葉で締めています。

直訳すると「飢えろ、馬鹿でいろ」ってことですね。

この言葉の意味をどのように解釈するかは人それぞれでしょうが、ぼくは「周りの目線を気にするな」「信じた道を突き進め」と解釈しています。

このスピーチは「伝説のスピーチ」と言われているだけあって、本当に素晴らしいですよね。

まだ見たとこがないという人は是非ご覧になることをオススメします。

ジョブズ伝説のスピーチを動画でみよう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です