熊本名物いきなり団子とは。由来や作り方などを紹介

いきなりですが「いきなり団子」ってものをご存知ですか?

いきなり団子とは「熊本県の郷土料理・郷土菓子」で、輪切りにしたサツマイモと餡(小豆あん)を餅(ねりもち)、または小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品です。

熊本では「いきなりまんじゅう」とか「いきなりだご」とも読んだりします。

ぼくは実家に帰ったら必ず食べますね。子供も大好きでバクバク食べています。甘くで美味しいですよ。

いきなり団子はぼくのソウルフードで、皆さんにも是非知ってほしい食べもののひとつです。

そこで今回は熊本名物「いきなり団子」の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

いきなり団子はこんな食べもの

img_2027-680x510

外見はこんな感じです。

いきなり団子は「サツマイモと小豆あんを、餅や小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品」です。

img_2028-680x510

いきなり団子は熊本では珍しいものではなく、家庭でも作りますし、至るところで売ってありますよ。

いきなり団子の由来

いきなり団子の名称の由来は、短時間で「いきなり」作れるという意味と、来客がいきなり来ても「いきなり」出せる菓子という意味と、生の芋を調理する「生き成り」(いきなり)という語句の意味が重なっていると言われています。

帰省したときに水前寺公園へ遊びに行ったのですが、公園前の店でいきなり団子の由来を教えてくれる看板がありました。

img_2032-680x510

いきなり(急に)来ても、いきなり(簡単で手軽に)作れる団子ってことですね。

ちなみに熊本弁で「いきなり」とは、「簡単、手軽」や「直接」という意味があります。

いきなり団子の作り方

いきなり団子の作り方はクックパッドの人気レシピを参考にしましょう。

小麦アレルギーがある場合は「米粉」で作ると良いですよ。

いきなり団子はすごく簡単に作れます。名前の由来通りですね。

本場の味を楽しみたい場合は通販でお取り寄せ

いきなり団子をお取り寄せできる店を紹介します。

長寿庵…白・黒・紫の3種類のいきなり団子を楽しめます。

肥後屋…いきなり団子選手権総合成績1位を獲得したお店です。

ぼくが「いきなり団子」を通販する場合は、だいたいこの2店を利用していますね。先輩とか知人に贈り物をするときに「熊本県民」をアピールするために「いきなり団子」を送るときがあります。

2店ともネットで検索すると最初の方に出てきますよ。

本当にオススメしたいお店は、ぼくの実家の近くにあるのですが、その店は通販をやっていないので紹介できません。残念です。

あと通販で取り寄せたら「レンジで90秒ほど温めて食べる」と美味しいですよ。

是非熊本名物のいきなり団子を味わってください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です