入浴の効果と疲労を回復させるための入浴方法。明日に疲れを残さない!

入浴には「疲労回復効果がある」というのは一般的ですよね。一日の終わりに、お風呂でリラックスするという人も多いのではないでしょうか。

お風呂タイムは至福のひとときです。

しかし、海外では入浴の文化がない国もあるとか。お風呂はリラックスする場所ではなく、汚れを落とし身体をキレイにする場所という考え方でシャワーが一般的なんだとか。

もったいないですよね。

入浴には疲労を回復させる効果がありますが、シャワーではその効果が期待できません。疲労を回復させたければ入浴をすべきです。

では、入浴をすることで「どのような効果」を得られ、「どのような入浴方法」が疲労を回復させるのでしょうか。

スポンサーリンク

入浴することの効果

まずはシャワーだけでなく入浴することの効果を見ていきましょう。

入浴には以下の3つの効果があります。

温熱効果

身体が温められると血管が拡張し、血液循環が良くなり、疲労物質や老廃物がスムーズに代謝されます。

水圧効果

水圧で腹部が圧迫されることにより横隔膜が押し上げられ、肺の大きさが減少します。

そうなると、減った酸素を取り込もうと心肺機能が活性化し血流が良くなります。

浮力効果

お風呂につかると浮力により身体にかかる負担が軽減されます。

筋肉や関節の緊張が緩和されリラックスすることができます。

血行を良くし新陳代謝を促すことが入浴の効果として考えられますね。血行が良くなると疲労物質を除去してくれたり、栄養素を運んでくれます。

そうすることで疲労回復へとつながります。

疲労回復のための入浴方法

次に、入浴効果を高めるための入浴方法について考えていきましょう。

温度

温度によって交感神経が刺激されるのか、副交感神経が刺激されるのかが変わります。

41℃を超えると交感神経が刺激され、37℃〜39℃の温度だと副交感神経が優位になり、リラックス効果があります。

ぬるめの湯で入浴することで、心身が落ち着き、その後の睡眠へ好影響を及ぼすでしょう。

時間

身体を芯まで暖めることで「温熱効果」を得ることができます。

入浴で暖められた血液が全身を巡り、身体の芯まで暖まるまでの時間は10分〜15分程度だと考えれば良いでしょう。

半身浴と全身浴

半身浴は水圧効果が減ることで、身体への負担が軽減します。

全身浴は水圧効果を高め、全身の代謝力を高めます。しかし身体への負担が大きいため、長時間の入浴には向かないでしょう。

体調や入浴時間によって使い分けたいですね。

長時間入浴する場合は、脱水症状予防のため、水分補給を忘れずに行いましょう。

入浴剤

入浴剤には血行を促進する炭酸ガス系や、保湿成分を配合するスキンケア系、保温効果を期待できる無機塩類系があります。

これらの入浴剤を使うことで、入浴効果を高めることができるでしょう。

交代浴

交代浴とは「冷たい水」と「暖かいお湯」を交互に浴びる入浴法です。

交代浴には自律神経を整えたり、血行を促進させる効果があります。血行が良くなることで、老廃物や疲労物質を流してくれます。

また血管を収縮して熱の放出を減らしたり、免疫力を高めてくれます。

交代浴は心臓の弱い人や高血圧の人には負担が強すぎるかもしれないので注意が必要です。自分の体調と相談して行うようにしてください。

入浴で明日への活力を得よう

d4bfbbd8d1a328b5624b6a7280b1811f_s

疲労は「やる気」を削ぐ要因でもあります。朝起きたときに「疲れ」が残っていると、活力ある一日を過ごすことが難しくなります。

また、次の日の疲労を考えると「今」に全力投球できなくなります。「明日に疲労が残ると嫌だからセーブしよう」となってしまいますよね。

ある程度、疲労をコントロールする方法を知っていれば、そういった憂いもなくなるのではないでしょうか?

入浴は疲労を回復させるための一つの手段です。

疲労回復のために効果的な入浴方法を行い、活力ある毎日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です