車所有で必要な年間維持費はいくら?経費削減のためにできること

車を所有していると何かと維持費が必要ですよね。

毎月のガソリン代や税金、メンテナンス費用などなど…。つい先日も車検があったのですが20万以上の費用がかかりました。

車は便利だけど維持費用が必要です。車の維持費が家計を圧迫し、資産形成に大きなダメージを与えてしまってはいけません。

そこで車を所有することで必要な年間維持費を把握し、経費削減のためにできることを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

車所有で必要な年間経費

ぼくの車を例に年間維持費を見ていきます。ちなみにぼくの車は「普通車」で「総排気量1.5L超〜2L以下」です。

毎月かかる経費

月額 年間維持費
ガソリン代 約7000円 84000円
駐車場代 10000円 120000円

毎月かかる経費は「ガソリン代」と「駐車場代」ですね。

ガソリン代は毎月約7000円かかっているので年間で84000円。駐車場は毎月10000円かかっているので年間で120000円が必要です。

ガソリンは毎月1回ペースで満タンにする感じです。年間で1万キロを走る程度ですね。

税金・保険

年間維持費
自動車税 39500円
自賠責保険 13920円
任意保険 40000円

自動車税は「総排気量1.5L超〜2L以下」の車なので39500円。自賠責保険は2年間で27840円なので年間で13920円。任意保険は40000円です。

車体の購入費用

購入金額 年間経費
車体価格 2300000円 230000円

車体価格は約230万円でした。現在8年間乗っています。

最低でも10年間は乗りたいと考えていますので、230万円÷10年間と考えて年間維持費は23万円としました。

メンテナンス費用

メンテナンス費用 年間経費
車検代 250000円 125000円
定期検査 25000円 12500円

メンテナンス費用といえば「車検代」と「定期検査でかかる費用」ですね。

今回の車検(2年に1回)では25万円の費用がかかったので年間経費は125000円とします。

定期検査はトヨタのメンテナンスパックに加入していて2年間で25000円だったので、年間維持費は12500円とします。

もしイレギュラー(例えば事故やパンクなど)があれば、メンテナンス費用はより高くなるかもしれませんね。

年間維持費は約66万5000円。生涯で約3000万円

年間維持費
ガソリン代 84000円
駐車場代 120000円
自動車税 39500円
自賠責保険 13920円
任意保険 40000円
車体価格 230000円
車検代 125000円
定期検査 12500円
合計 664920円

ざっくりと計算しましたが「車を所有することで必要な年間維持費」は約66万5000円となりました。

これは「最低でも必要な維持費」だと考えてよいでしょう。

例えば「事故や故障」があった場合は更に費用がかかります。もし車を2台所有していたら単純に考えて2倍の維持費が必要でしょう。

ぼくは20歳の頃から車を所有していますが、仮に65歳まで(45年間)所有し続けると生涯で約3000万円も車1台の維持費に費やすことになります。

かなり高額ですよね。人生の三大支出は「教育・住宅・老後」なんて言われていますが、車もそれに匹敵する支出ですね。

車の経費削減のためにできること

これだけ経費がかかる車の維持費を削減することは、資産形成にとって非常に重要なことです。

そこでこれからは車の経費削減のためにできることを考えていきたいと思います。

車のグレードを下げる

まず考えられるのは車のグレードを下げることです。そのことで税金やメンテナンス費用を抑えることが可能です。

例えば以下は普通車の総排気量別の自動車税です。

総排気量 自動車税額
1L以下 29500円
1L超〜1.5L以下 34500円
1.5L超〜2L以下 39500円
2L超〜2.5L以下 45000円
2.5L超〜3L以下 51000円
3L超〜3.5L以下 58000円

総排気量が上がれば税金の額も高くなります。逆に総排気量を下げれば税金の額も下がります。

これは普通車での比較でしたが、車を軽自動車にした場合の自動車税は10800円となります。仮にぼくが車を軽自動車にした場合、自動車税だけで年間28700円の節約になります。

総排気量以外にも「重量税」や「メンテナンス費用」、「購入費用」や「保険」でもグレードを下げることで節約が可能です。

特に「この車」という理由がないのであれば、できるだけグレードを下げた車を購入することで「車の経費を削減」できますね。

自動車保険を見直す

次に自動車保険を見直すことは経費削減に有効な手段です。

人によって「車の利用方法は様々」です。自分の車の使い方にあった保険を選びことで「保険料が安くなる」「補償などのサービスが充実する」といったメリットを得られる場合が多いでしょう。

加入している保険が「自分のカーライフに合った保険か」を調べるだけで「大きな節約効果」を生みます。

例えば「ゴールド免許」「年間の走行距離が短い」といった条件に当てはまるだけでも保険料が安くなります。

さらに自分に「不要な補償」を見直すと保険料が大幅に節約できます。

調べるのは無料なので、一度「無料の一括見積もり」で「自分のカーライフに合った保険」を調べてみてはいかがでしょうか。

何気なく支払っている車の経費を削減することは「資産形成にとって非常に重要なこと」ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です