【資産家とは】資産家になるにはどうしたらいいのかを考える

資産家って響き良いですよね。ぼくは資産家と呼ばれるくらいのお金持ちになりたいです。

しかし「どれくらいのお金を持っていたら資産家と呼ばれるようになるの?」「資産家になるにはどうしたらいいの?」って思いませんか。

疑問に思ったので、ぼくなりに資産家の定義や意味、そして資産家になるにはどうしたら良いのかを考えたいと思います。

資産家の仲間入りを果たすためには「目標の金額と方法」を明確にしなきゃいけませんからね。

スポンサーリンク

資産家とは?資産家の意味や定義

資産家を辞書で調べると「財産を多く所有する人」と書いてあります。

そりゃそうだって感じですね。要は具体的な金額を知りたいので、もう少し言葉を絞り「富裕層」で調べることにしました。

財産を多く所有する人といえば「富裕層」。富裕層の定義を調べると「100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯(RBCウェルス・マネジメントより)」とあります。

100万ドルは日本円で約1億円ですね。1億円以上の投資可能資産を所有していれば「富裕層」であり「資産家」と言えるのではないでしょうか。

資産家になるには「1億円」がとりあえずの目標となりそうです。

日本の富裕層数は世界2位

余談ですが、RBCウェルス・マネジメントが2015年に発表した世界の富裕層数ランキングによると、日本の富裕層数は世界2位で約245万人だそうです。

1位はアメリカで約435万人。3位はドイツで約114万人。4位は中国で約89万人。5位はイギリスで約55万人だそうです。

中国ってもっとお金持ちが多いと思っていましたが、意外と少なかったですね。

中国は全体的に裕福っていうか「一部の人たちがお金持ち」って「印象ですよね。貧富の差が日本よりも激しそう…。

資産家の生活は慎ましい。倹約が大切

0ee6bb4d377abecba75304c9704a37a2_s

資産家は収入が多い人と思いがちですが「必ずしも収入の多い人が資産家とは限らない」ということも理解しなければいけません。

収入が多いということは資産家になるための要素のひとつですがイコールではないということですね。

例えば1000万円の収入があっても、支出が1000万円あれば資産は築けません。

倹約を心がけ慎ましい生活を送ることも資産形成には必要なことです。

有名な投資家で世界の資産家ランキング3位(約608億ドル)のウォーレン・バフェットという人は「生活が慎ましい」ことで有名です。

以前、「となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則」という本を読みましたが、この本の中でも倹約の重要性が説かれていました。

この本の中で「あなたは倹約家ですか?」「あなたの妻は倹約家ですか?」という質問があり、どちらかが浪費家の場合は「億万長者にはなれない」というフレーズは「その通りだな」と納得しました。

資産家になりたければ「資産家の生活は慎ましい」「倹約が大切」だということを肝に銘じておく必要がありますね。

とは言っても収入が多いことは資産家になるのに有利なので収入を増やす努力もしていきましょう。

資産家になるためには投資が必要

79dd12bbd33c63f403144383c0e281e1_s

資産運用は複利の力を活かせ。単利運用では金持ちになる前に死んでしまうでも書きましたが、収入を増やして支出を減らしてお金を貯めても、預け先が銀行だと資産は増えません。

低金利、単利運用ではお金は増えないですね。お金を増やし資産家になろうと思ったら「投資」は必要です。

資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)ですね。

では運用はどのように行えば良いのでしょうか。

ぼくのような一般人は「インデックスの投資信託でノーロード(手数料無料)の商品を選び、世界へ分散した投資」を行うほうが良いでしょう。

有名な投資家であるバフェットのように「割安な銘柄を見つける」「安く買い・高く売る」ことができれば良いのですが、残念ながらぼくにはその才能がないので「インデックス投資で世界の経済成長に身を任せよう」と考えています。

バフェットもインデックス投資を推奨している

バフェットって知っていますか?

投資で莫大な財をきずいた人です。資産はなんと608億ドル、日本円にして7兆円以上!

そんなバフェットもインデックス投資を推奨しています。

「低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」

「常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりもよい結果を得るだろう」

「現金の10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P500インデックスファンドに投資してください(VanguardのVFINXを推奨します)」

上記のコメントはバフェットの言葉ですね。

バフェット自身はインデックス投資を行っているわけではありませんが、「多くの投資家はインデックス投資を行ったほうが良いだろう」と言っています。

投資の神様が言うのだから間違いないですね。

ただやっぱりバフェットのような投資に憧れますね。まぁ無理というか、ぼくにはリスクが高すぎるので一般人らしくインデックスファンドで世界へ分散投資していきたいと思います。

資産家への道。最初の投資先はバランスファンド

ぼくの投資先は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(以下セゾンBGF)」と「確定拠出年金」でアセットアロケーションが「日本株式15%、先進国株式30%、新興国株式20%、日本債券10%、先進国債券10%、日本REIT5%、先進国REIT5%、その他5%」となるように調整しています。

最初に積立購入したのがセゾンBGFで、その後に確定拠出年金で日本株・先進国株・REITなどのインデックスファンドを購入するようになりました。

今でこそ自分でアセットアロケーションの調整を行っていますが、最初の頃は調整する自信がなかったのでバランスファンドを購入しました。

アセットアロケーションは投資成果に大きな影響を及ぼすので、初心者はバランスファンドの購入がオススメですね。

バランスファンドは最初にアセットの比率が決まっていて、その比率に合わせてプロのファンドマネージャーが調整してくれます。

セゾンBGFはノーロードのインデックスバランスファンドで、世界30カ国以上へ分散投資できるのでオススメのファンドですよ。

興味のある人は無料の資料請求してみると良いですよ。送られてくる「目論見書」を読むとファンドの特徴が理解できます。

資料請求はこちら→【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

余談ですが…

ぼくは3年間ほどセゾンBGFへ積立投資したあとに、もう少し株式の割合を増やしたかったので確定拠出年金で日本株・先進国株・REITなどのインデックスファンドを追加購入するようになりました。

若いうちはリスクをとっても良いかなと思っています。

とにかく収入を増やし支出を減らす。そして築いた資産を運用してお金を増やしていきたいです。

バフェットのように一気に増やすことはできないでしょうが、50代で資産家の仲間入りができるように頑張りたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です