セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで世界へ分散投資

ぼくが資産運用を考えるようになったのは30歳となったとき。

いろんな本を読んで勉強した中で「自分には合っているかも」と感じたのが「長期・分散・インデックス」といった考え方。

世界経済に身を任せ、毎月コツコツと積立投資を行うスタイルをとっています。

ぼくが初めて購入した投資信託は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。

セゾンで積立投資を始めたキッカケは「最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!」という中野晴啓さんが書いている本を読んだから。

この本は「選ぶべき良心的で優秀な投資信託」と「選ぶべき理由」が書かれていて、とても参考になりました。

ちなみに中野晴啓さんはセゾン投信の代表をされています。

ぼくが毎月積立投資をしているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはセゾン投信が運営販売を行っています。

このセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「資産運用を考えている人、初めて投資を行う人」にオススメのファンドですよ。

今回はぼくが30歳になってから毎月コツコツと積立を行っているセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の紹介をします。

スポンサーリンク

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴

世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資しているインデックスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資」している「インデックスファンド」です。

インデックスファンドとは「市場の平均と同じような動きを目指すファンド」です。何千何万とある株式の中から「有望な株式」を見分けることはプロのファンドマネージャーでも難しいことです。

インデックスファンドは市場の平均を目指すので、大きく値上がりすることを望めませんが、逆に大きく値下がりするリスクも軽減できます。

また「商品を選ぶ手間が減る」「購入手数料が無料」「管理費が安い」といったメリットもあります。

分散投資のメリットはリスクを軽減する効果があり、比較的安定して運用することが可能だということです。

卵をひとつのカゴに盛るなという分散投資の格言があります。

株だけではなく債券も、円資産だけではなく外貨資産も保有することで分散投資を行うことが大切です。

このファンドを購入するだけで、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資できるのは凄いですね。

株式と債券の比率は原則50:50

分散投資は国だけではなく、株式と債券でも分けることができます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでは株式と債券の比率が原則ハーフハーフです。

もっとリスクを取りたい人には物足りないかもしれませんが、リスクを分散して安定した運用を行いたい人にとっては良いファンドですね。

購入時の手数料ゼロ。購入時に余分なコストのかからないノーロードファンド

ノーロードとは「販売手数料が無料の投資信託」ということです。

投資信託で積立投資を行う場合、購入時に手数料が必要か必要でないかは重要な問題です。購入のたびに手数料を取られてしまうと、手数料のぶんは確実に運用成績が悪くなります。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

セゾン投信はフィデューシャリー宣言を公表し、購入時の手数料を取らないと宣言した非常に良心的なファンドですね。

運用成績を上げたければ無駄なコストをカットすべきですね。

分配金は全て再投資

投資信託では決算時に分配金がでる場合がありますが、セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでは、この分配金を受け取らずに自動的に再投資します。

分配金を受け取らずに自動で再投資してくれるので、税金を取られる必要がなく利息が利息を生む複利の力を最大限に活かすことができます。

お金を増やしたければ「単利ではなく複利」で運用することが大切です。複利で雪だるま式に資産を増やしましょう。

資産運用は複利の力を活かせ。単利運用では金持ちになる前に死んでしまう

2016.09.10

月々5000円からの積立投資が可能

5000円から積立投資を行うことができます。最初から大きな資産を持っていない人でも少額で世界へ分散投資することができます。

塵も積もれば山となります。

まずは5000円からでも始めることが大切です。

金融機関口座から自動で引落しをしてくれるので積立を忘れることがありませんね。

バランスファンドなのでリバランスの必要なし

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバランスファンドなのでリバランスの必要がありません。

長期運用においてはアセットアロケーションが重要ですが、世界の経済状況によってアセットアロケーションの比率が変わってきます。

この変わった比率を整える作業をリバランスというのですが、バランスファンドでは自分でリバランスを行う必要がありません。

初心者にはありがたいファンドですね。

資料請求をして口座を開設し、自動で引落しができる積立投資を申し込めば、あとは「ほったらかし」で問題ありません。

購入単位 1万円以上1円単位/積立は5千円以上1千円単位
信託報酬 0.69%±0.03%/年(税込)
信託財産留保額 0.1%
分配金の取扱 再投資
販売手数料 0%
為替ヘッジ なし

ぼくがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで投資を始めた頃の信託報酬は0.74%だったのですが、今は0.69%に下がっていますね。

信託報酬はランニングコストなので低ければ低いほどありがたいです。

バランスファンドで0.69%は低いですね。セゾン投信は本当に良心的な販売会社だと思います。

*信託報酬−投資信託における手数料コストの一つ。ファンドの運用に関する手数料で、投資信託の基準価額に対して一定の率としてファンドの資産から自動的に差し引かれる手数料(金融・経済用語辞典)。

*信託財産留保額−信託財産留保額(しんたくざいさんりゅうほがく)とは、投資信託における手数料の一つ。ファンド契約期間中に解約されると、ファンド側は現金を用意してその投資家に支払う必要がある。この場合、ファンドは取引証券会社に売却手数料を支払う。そのコストは解約する投資家に負担してもらうというが基本的な考え方。いわゆる中途解約ペナルティ(金融・経済用語辞典)。

はじめての投資信託にオススメ

「長期・分散・ノーロード・インデックス」といったことを投資方針として掲げているぼくにとっては非常に魅力的なファンドです。

また「リバランス」を行う作業に自信が持てなかったり億劫だったりする方は、手間のかからないバランスファンドは魅力的です。

購入時に手数料がかからず、運用コスト(信託報酬)も低い。

分配金も全て再投資されるため複利効果も期待でき長期運用には最適。更に、これだけ低コストで世界に分散して投資できる。

これから投資を始めてみようと考えている方には、オススメのファンドだと思います。

資料請求でさらに詳しくチェック

セゾン投信の理念やセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドの詳細は「資料請求」をすることで知ることができます。

そこで送られてくる「目論見書」には、セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドがどんなファンドなのか細かく書いてあります。

セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドに興味があり、「もっと詳しく知りたい」という方は資料請求をしてみると良いですよ。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド←ココから資料請求ができます。

一度資料を請求し、内容を細かくチェックし検討してみてはいかがでしょうか。

目論見書を読むだけでも投資の勉強にもなりますよ。

スポンサーリンク