心の会計に注意し資産形成を成功させよう。お金の価値は常に同じ

どうも、maruboroです。

みなさんは心の会計(メンタル・アカウンティング)という言葉を知っていますか?

心の会計とは、行動経済学者Richard Thalerによって提唱された概念で、人は同じ金銭であっても、その入手方法や使途に応じて重要度を分類し、価値や利用基準、扱い方を変えてしまうということです。

お金の価値は同じなのに、心の会計によってお金の価値を下げてしまい、無駄遣いをしてしまう。これは資産形成を行ううえで問題だと思ったので注意しなければいけませんね。

では、どんなときに心の会計によって無駄遣いをしてしまうのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

行動経済学者実験Richard Thalerの実験

実験①-状況によってお金の価値が変わる

【ケース①】

映画を見に行こうとして、10ドルの前売りチケットを買いました。ところが、映画館に入ろうとして、あなたは自分がチケットをなくしたことに気付きました。あなたは、もう一度10ドルを払って映画のチケットを買いますか?

【ケース②】

料金が1人10ドルの映画を観に行きました。映画館でチケットを買おうとしたとき、あなたは自分が10ドル紙幣をなくしたことに気付きました。あなたは、10ドルを払って映画のチケットを買いますか?

これはシカゴ大学の心理学者Richard Thalerが行った実験ですが、あなたならどっちの場合に「イエス」と答え、チケットを購入しますか?

ケース①ではイエスと答え再度チケットを購入した人は46%でしたが、ケース②では88%の人がイエスと答えチケットを購入したそうです。

失った金額は同じなのに、その後にとった行動に違いがでるのはなぜなのでしょうか?

Richard Thalerによると、ケース①ではチケットを再度購入することにより「チケット代が20ドルかかった」と感じ購入をためらうのに対し、ケース②ではなくした10ドルとチケット代の10ドルが結びつかないので「チケット代を10ドル」と感じ購入するそうです。

人は同じ金銭であっても、その入手方法や使途に応じて重要度を分類し、価値や利用基準、扱い方を変えてしまう。これが心の会計(メンタル・アカウンティング)です。

実験②-金額の大小によってお金の価値が変わる

【ケース①】

価格15ドルの計算機を5ドル安く買えるなら、車で20分遠回りをしますか?

【ケース②】

価格125ドルの革のジャケットを5ドル安く買えるなら、車で20分遠回りしますか?

ケース①では68%の人がイエスと答えたのに対し、ケース②では29%の人しかイエスと答えなかったそうです。

このケースでわかることは、人は購入金額が大きいと小さな金額を重要と思わない傾向があるということです。

心理的要因がお金の価値を変えてしまう

もう少し心の会計によってお金の価値を下げてしまい、結果的に無駄遣いをしてしまうケースを考えてみましょう。

給料で得た30万円とギャンブルで得た30万円の価値

みなさんにとって「給料で得た30万円」と「宝くじで得た30万円」は同じ価値でしょうか?

どちらの30万円も「同じ価値だ」と思う人もいるでしょうが、多くの人は宝くじで得た30万円を「あぶく銭」と考えてしまい、お金の価値を下げてしまうでしょう。

今日はパチンコで10万円儲けたから「奢るよ」って簡単に言ってしまいそうじゃないですか。

ギャンブルで得たお金の価値は低くしがちです。その結果「無駄使い」をしてしまうことになる。僕も昔パチスロで8万円勝ちを3日連続でしたときは散財してしまいました。

毎月の給料とボーナス(臨時収入)の価値

毎月の給料は「労働に対する対価」と考えますが、ボーナスなどの臨時収入は「ご褒美・ラッキーなお金」と考えてしまう場合が多いです。

同じ収入にもかかわらずボーナスは節約の対象から除外され扱い方が違うのであれば「心の会計が原因」かもしれません。

ボーナスをご褒美と考えれば無駄遣いが増え、年間収入の一部と考えれば無駄遣いがなくなりお金が貯まるでしょう。

一代で多額の財産を築いた本多静六氏はボーナスを全部貯蓄し、貯めた資金で投資をしたそうです。結果的に15年が経過した頃には「大学の給料よりも貯金の利子や株式の配当のほうが多くなった」り、40歳頃には現在の価値で「約100億円の資産を築いていた」そうです。

どのような価値観を持つかで行動が変わり、その行動が結果として反映されます。

毎月の給料とボーナス(臨時収入)の価値をどのように考えるかは、数年後の資産額に大きな影響を与えますよ。

スポンサーリンク