三宮で一蘭を発見!福岡発祥の人気とんこつラーメンを神戸で味わう

一蘭はちかっぱうまかっちゃん!

ちかっぱ=博多弁で「すごく」「とても」という意味、うまかっちゃん=「うまい」「美味しい」という意味…。つまり「一蘭はちかっぱうまかっちゃん」とは「一蘭はとても美味しい」という意味…どうもmaruboroです。

神戸の三宮で一蘭を発見したときは小躍りしましたよ。

学生時代に「これでもか」ってくらい食べたソウルフード。九州を離れてからは食すことのなかった一蘭を久しぶりに食べてきました。

やっぱり一蘭のラーメンは最高ですね。

神戸に住んでいる人には是非行って欲しいおすすめのラーメン店です。

スポンサーリンク

一蘭のラーメンは「秘伝のたれ」がミソやで!

一蘭のラーメンってどんなラーメン?と聞かれたら「とんこつピリ辛」ですね。

とんこつピリ辛って何やねんって思いました?

一蘭はとんこつラーメンにピリ辛の「秘伝のたれ」がミソのラーメンです。

img_3450

中央にある赤いやつ、これが秘伝のたれ!

この「秘伝のたれ」は「唐辛子を基本に三十数種類の材料を調合し何昼夜も寝かせた熟成だれ」で分量を選ぶことができます。ちなみに僕はいつも2倍。

このピリ辛がクセになってしまう。「この一口で最後にしよう」と思っていても、このピリ辛が諦めるのを許してくれない。「もう一口、もう一口」とついつい最後までスープを飲んでしまう。

もしかしたら「秘伝のたれ」には依存性のある物質が含まれているのかもしれない。

ホンマに止まんないですよ!

一蘭は「個室」感覚で入れるお店

他のラーメン店ではあまり見られない一蘭の特徴は主に2つ。

一蘭の特徴

  1. テーブルの両端が壁で仕切られている
  2. 定員の顔が見えない

一蘭って「お一人様」に抵抗がある人でも「ひとり」で行けるくらいの店です。

入店してから帰るまで、ほとんど人との接触も周りの視線を感じることも全くないお店ですね。

入店してから食べて帰るまでの流れ

入店してから帰るまでの流れを説明しましょう。

①店内に入ったら「販売機」で食べたいラーメンを買う。(と言ってもとんこつラーメンOnlyなので選択肢はほとんどない)

②席に着いたら「好みの味を選択」し「食券」をテーブルに置く。

img_3449

③呼び出しボタンを押す(ちょっとだけ定員の手が見える)

④数分後にラーメンが出てくる

⑤替玉などがしたければ「箸入れの紙」に記入し「呼び出しボタン」を押す

img_3452

替え玉は190円、半替玉は130円ですね。

⑥食べ終わったら席を立ち帰るだけ。

基本的には誰とも接触しませんし、周りの視線も気になりません。食べることに集中できますね。

一蘭三宮店の場所

住所:〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通中央区中央区北長狭通1丁目9 1-9-9 第 1 岸 ビル 1F・B1

電話番号:078-325-3090

営業時間:10:00〜翌4:00(年中無休)

一蘭三宮店は東急ハンズや生田神社のすぐ近くですね。

福岡の人気ラーメン店をご堪能あれ

改めて食べてみても「そうそうこの味」ってめっちゃ懐かしく感じました。

22歳で九州を出たあとは関東へ行き現在は関西にいますが、関東や関西では「ラーメンは絶対とんこつ」って感じじゃないですよね。九州ではラーメンと言えば「とんこつ」です。

そして僕の中で「とんこつラーメン」は一蘭がNo1です。

神戸の人には僕のソウルフード「一蘭」を食べて欲しいですね。おすすめですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です