仕事に追われるだけの人生は嫌だ。大切な人との人生をもっと楽しみたい

僕は「お金持ちになりたい」…「仕事に追われるだけの人生は嫌だ」…「アーリーリタイアしてもっと人生を楽しみたい」…そう思っています。

自分の人生は何のためにあるのか?

少なくとも「会社や上司のため」ではない。だけど気がつけば「会社の利益のために奔走し、自分や家族のために使える時間は限られていく」…。

もちろん給料をもらっているし会社に勤めている社会人として「会社の利益のために行動する」ことは当然のことだと思います。だけど「何か息苦しい」。

なぜそうなるのか?

それは「依存している」から。会社の給料に頼らなければ生きていけないからだと思います。

そんな自分から脱却したい。

お金のことで他人に依存しないですむ状態を作り「自分と自分の大切な人たち(家族)」との人生をもっと楽しみたい。

スポンサーリンク

人生は長いようで短い

最近は「100年ライフ」なんて言いますよね。

LIFE SHIFTという本に書かれていたことですが、1997年に生まれた子供の半数は101歳〜102歳まで、2007年に生まれた子供の半数は107歳まで生きるらしいです。

人生は長いな〜なんて思いますが「人はいつ死ぬかわかりません」。

僕の地元「熊本」では2016年の4月14日に震度7を観測する地震が起きました。

僕の家族は無事でしたが「度重なる余震」に「生きた心地がしない」というのが感想でした。

いつ死ぬかわからない…。人生は有限で貴重なものだと強く感じましたね。

だからその人生を「大切な人たち」のために使えるようにしたいです。

経済的自由を目指して

生きていくためには「お金」が必要です。

大切な人たちのために時間を使いたければ「時間を買えるだけのお金が必要」です。だから僕は「経済的自由を手に入れるためにチャレンジしたい」と思います。

お金持ちになることに挑戦します。

目標は「金融資産1億円&年間不労所得500万円」です。

簡単なことではないですが「望まなければ何も手に入らない」「努力あるのみ」です。

ちなみに具体的なプランは「なにもありません」…。

とりあえず「金持ち父さんシリーズ」を読んでいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です