継続的な安定収入を得るために勤労所得をポートフォリオ所得へ変える

僕は毎月の「給料(勤労所得)」を「ポートフォリオ所得」へと変えるようにしています。

【勤労所得とは】

勤労からの所得。サラリーマンが会社から得る給与所得などのこと。

【ポートフォリオ所得とは】

株式・債券・投資信託などの金融資産からの所得のこと。

なぜ勤労所得をポートフォリオ所得へ変える必要があるのか?

それは「継続的な安定収入を得るため」です。

スポンサーリンク

勤労所得だけに依存するのは危険

勤労所得(会社の給料)だけに依存するのはとても危険です。

例えば…

  • 病気や怪我で「働けなくなった」
  • 会社が倒産した、会社にリストラされた
  • 精神的に病んでしまい「会社へいけない」
  • 会社の業績が不振で給料が大幅にカットされた

このような状況になってしまったとき「収入源が勤労所得だけ」だと収入がなくなりますよね。勤労所得は本人の労働力に依存しているから「働けなくなった」ら終わりです。

継続的な安定収入を得ることはできないですよね。

自分以外にも「稼いでくれる存在」があればリスクは減ります。ポートフォリオ所得は「自分以外の収入源」として活躍してくれる存在なのです。

お金にお金を稼がせる

勤労所得をポートフォリオ所得へ変えることで「お金にお金を稼がせます」。

例えば資産100万円を年利5%で運用できたら「年間で5万円の利益」になります。資産が1000万円だったら「年間で50万円」、資産が1億円だったら「年間で500万円」です。

これらの利益は「自分の労働力に対する対価」ではなく、「資金を運用したことに対する対価」です。資金を株や投資信託などで運用することによって「お金がお金を稼いでくれた」のです。

もし勤労所得(給料)以外で「年間500万円の収入」があったら「継続的な安定収入を獲得できている」と言えますよね。

何かの理由で「給与(勤労所得)」を得られることができなくなっても大丈夫です。

だから「勤労所得をポートフォリオ所得へ変える必要がある」のです。

継続的な安定収入の確立には時間がかかる

最初からお金持ちだったら苦労はしませんが「継続的な安定収入の確立」には時間が必要です。

さっき「資産1億円を年利5%で運用できたら、年間で500万円の利益」と言いましたが、1億円の資産を築くってかなり難しいですよね。

今すぐに…ってわけにはいきません。時間が必要だということは理解しなければいけません。

はやく成し遂げるためのポイントがあるとしたら次の2つだと考えています。

ポイント
  • 収入を増やしてより多くの資金を投資する
  • もっと年利のよい投資する

 

毎月5万円を投資するよりも、毎月30万円を投資できたほうが「資産1億円」への到達は早いですよね。

また年利5%の金融商品よりも、年利10%で運用できたら「資産1億円」への到達は早いです。

僕は今のところ「インデックス投資」で市場の平均を目指す以外の投資方法を理解できていないので「不労所得をつくりアーリーリタイア」するために「もっと稼いて投資資金を増やす」ことを意識したいです。

少額からでも積立投資を始めることが大切「塵も積もれば山となる」

20年後に経済的自由を手に入れるために「金融資産1億円以上、年間不労所得500万円以上」を目指して、毎月せっせと勤労所得をポートフォリオ所得へと変えています。

とにかく「1mmでも前へ」進むことが大切です。

まとまった資金がないから「無理」だと嘆く前に「少額からでも積立投資を始める」ことが大切です。

塵も積もれば山となります。

継続的な安定収入を得るために「勤労所得をポートフォリオ所得へ」変えたいですね。

こちらの記事もどうぞ!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です