ダイエットは1年間継続すると体重を維持しやすい

lifehackerというサイトで「継続的に体重を維持するために1年間はダイエットを続けた方が良い理由」という記事が紹介されていました。

ダイエット成功の基準は「人それぞれ」ですよね。結婚式があるから、同窓会があるから、一時的にでもそのときに痩せていたらOKという人もいるでしょう。

僕としては「一時的に痩せてもリバウンドしたら意味がない」と思っています。

僕と同じように、ダイエットして落とした体重を継続的に維持したいと思っている人は、1年間はダイエットを続けた方が良いみたいですよ。

スポンサーリンク

継続すると食欲と空腹感が抑えられる

lifehackerの記事によると、コペンハーゲン大学の研究者達は20人の肥満者を対象に、ローカロリーダイエットを実施し、1年間にわたって管理したそうです。

そして、ダイエット前・ダイエット直後・1年後に、空腹を引き起こすグレリンやGLP-1、空腹を抑えたりコントロールする働きを持つペプチドYYなど、空腹に関係したホルモンの量を計りました。

その結果、減量後に被験者の食欲を抑えるホルモンは40%増加し、1年後には65%にまで上がったそうです。

また、空腹を引き起こすホルモンは、1年間体重管理を続けたことにより、減量前と同じ値に戻ったそうです。

ダイエット直後には空腹感が増しますが、続けることによって空腹感を感じなくなります。

ダイエットは長期的に計画する

やはりダイエットは長期的に計画をして実施することが望ましいですね。

短期的な計画だと、一時的には痩せても増加した空腹感がリバウンドを生んでしまいます。

ポイントとしては、無理のないカロリー制限で、できる限り空腹感を感じないようにすることと、ダイエット初期に感じる空腹感を乗り越えることでしょう。

ダイエット直後に感じる空腹感は、リバウンドを引き起こす要因ですよね。

空腹感は辛いです。こんな苦しみを味わうくらいなら「もうダイエットは諦める」って気持ちになります。

しかし、空腹感は一時的なものということがわかっていれば、空腹感の辛さも何とか頑張れそうです。

コペンハーゲン大学の研究者達が行った実験の結果は、空腹感に苦しむダイエッター達へ勇気を与えてくれますね。

少なくとも、私のモチベーションはかなり高まりました。

※僕はダイエットにチャレンジしています

第一弾:酵素&筋トレで体重4.6kg体脂肪6.3%減らした三十路男のダイエット体験談

3ヶ月で体重4.6kg体脂肪6.3%減らしたあと挫折して5ヶ月間放置。

5ヶ月間で体重1.4kg体脂肪2.7%増量。またダイエットを再開することに決めました。

第二弾は「リーンゲインズ」を採用します。

第二弾:ダイエット企画第2弾は「リーンゲインズ」を採用。体脂肪12%になるまでやりきる予定

第一弾の「酵素ダイエット」よりもキツいような気がしますが、一度やってみたかったのでチャレンジします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です