サンフレッチェ広島のマスコット横にある文字が気になったので調べた

先日ある用事があって、広島県吉田町にあるJリーグ「サンフレッチェ広島」の練習場へ行ってきました。想像以上に田舎でしたね。

残念ながらサンフレッチェ広島の選手達はいませんでしたが、代わりに練習場で気になるものを見つけました。

▼それがコレ▼

iwygvi0kaiafn751463397758_1463397790

気になりませんか?

サンフレッチェ広島のマスコットが「右手に持っている3本の矢」と「左手に持っているフラッグに書かれている文字」。

右手に持っている3本の矢は「毛利元就の3本の矢」だと想像しましたが、「左手に持っているフラッグの文字」は何なのかがわからなかったので調べてみました。

スポンサーリンク

マスコットが右手に持っている3本の矢

まずは「3本の矢」から調べました。

【3本の矢とは】

毛利元就が三人の子に伝えたとされる、結束の重要性を説いた逸話。「三矢の教え」「三本の矢の教え」とも言う。曰く、矢は1本では簡単に折れるが、3本束ねると折ろうとしても簡単には折れない。同じように一族も結束して強靭に生きよと説く教訓。

毛利元就は室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主で後の戦国大名ですね。安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした毛利弘元の次男だそうです。

安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)は、現在のサンフレッチェ広島の練習場がある場所です。

毛利元就(wikipedia)

毛利元就のwikipediaを読みました。「戦国最高の知将」「謀神」と言われるだけあって凄い武将ですね。安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となったそうです。

子孫は長州藩の藩主となったことから、同藩の始祖としても位置づけられる人物である。

長州藩が現代日本に与えた影響も計り知れませんよね。この頃の武将といえば、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などが一般的には有名ですが、毛利元就が日本に与えた影響って半端ないですよ。

ちなみにサンフレッチェの名称は「3本の矢」からきているそうです。

川淵と広島球団社長との酒席で、広島社長がチーム名は「高貴な色」を付けた「広島パープル」に決定したと話した。川淵は愛称的なチーム名を期待していたが色だけのチーム名に難色を示し、その場にいた芸者らも川淵の意見に賛同して改名を考慮、結果としてチーム名は公募され、最も多かった毛利元就の「三本の矢」の故事にちなんだ「スリーアローズ」をさらにもじり、「サンフレッチェ」の名前が誕生した。(wikipedia)

3本=サン、矢=レッチェ(イタリア語)の造語でサンフレッチェとなったようですね。

毛利元就と3本の矢はサンフレッチェ広島にとって深い深い関係があったのですね。マスコットが矢を持っている理由がわかりました。

広島県安芸市吉田町で育ったサンフレッチェ広島の選手達が日本一(Jリーグを制覇)を達成する。何か時代を超えたロマンを感じますね。

左手に持っているフラッグの文字

次はマスコットが「左手に持っているフラッグの文字」について調べました。

そもそもこの文字は何て書いてあるのでしょうか?「一回万一心?」「一回一力一心?」

何て書いてあるのかがわからないので、とりあえず「一回万一心」でネット検索すると「百万一心」というものがヒットしました。

【百万一心とは】(wikipedia)

百万一心(ひゃくまんいっしん)は、戦国時代の大名毛利元就が吉田郡山城(安芸高田市)の拡張工事(普請)の際に人柱の代わりに使用した石碑に書かれていた言葉。

百万一心とは、「百」の字の一画を省いて「一日」・「万」の字を書き崩して「一力」とすることで、縦書きで「一日一力一心」と読めるように書かれており、「日を同じうにし、力を同じうにし、心を同じうにする」ということから、国人が皆で力を合わせれば、何事も成し得ることを意味している。吉田郡山城の改築で本丸石垣の普請が難航したときに、人柱に代えて、本丸裏手の「姫の丸」(姫丸壇)にこの句を彫り込んだ石を埋めたところ、普請は無事に終えられたと伝わる。同じく毛利元就の教えとされる三矢の教えと共に、一致団結の大切さを訴えた教えとされている。

フラッグに書かれている文字は「一日一力一心」なんですね。

iwygvi0kaiafn751463397758_1463397790

ただ写真を何度見直しても「一回一力一心」と書かれているように見えるので、「百万一心(一日一力一心)」とは違うかも思いましたが、吉田郡山城跡にある百万一心の碑の写真を見て「この文字は百万一心だと確信」しました。

hyakumann-issinn_monument-680x510

参照元(wikipedia百万一心より)

石碑に書かれている文字は「一回一力一心」に見えますね。

この言葉は「日を同じうにし、力を同じうにし、心を同じうにする」という意味で、「3本の矢」と同じように「一致団結の大切さ」を教えていますね。

調べれば調べるほど毛利元就の魅力があふれてきます。

サンフレッチェ広島のマスコットが持っている「3本の矢」と「フラッグに書かれた文字」が気になって調べているうちに、今では毛利元就が気になって仕方がないですね。

もっと毛利元就のことを調べて、毛利元就と所縁のある名所に行ってみたくなりました。次の家族旅行の候補にしようかな。

新たに気になったことが一つ

実はいろいろと調べているうちに「疑問がもう一つ」でてきました。

それは「今回の写真の熊」はサンフレッチェ広島の「マスコットではない」かもしれないということです。

サンフレッチェ広島のホームページを見ていると次の画像を発見しました…。

3d5ff7e8b0db2f89a92cf98271ae8ca1-680x294

参照:サンフレッチェ広島HPより

ここに描かれている「サンチェ」と「ぼくが撮った熊」が同じ熊だとは思えません。

▼ぼくが撮った熊▼

iwygvi0kaiafn751463397758_1463397790

これは同一熊なのか?それとも別の熊なのか?

予想では同じ熊だと思いますがどうなんでしょうね。また機会があったら調べてみます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です